話題の「99.9歳で逝ったおじいちゃんへ」をチェックしてみた!

ニュース

話題の「99.9歳で逝ったおじいちゃんへ」をチェックしてみた!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

祖父との別れを描いた漫画「おじいちゃんのおしかった旅立ち」

「思い出鶏『おじいちゃんのおしかった旅立ち』」という文言とともにツイッター投稿された漫画に「感動しました」「涙が出ました」等々の反響と共に皆さんの思い出話がたくさん投稿されています。

そこには、擬人化したニワトリを登場人物にして描かれていて、
大好きだった祖父が、100歳の誕生日を目前にして亡くなってしまったことが描かれています。
カメラや野球が好きで、おばあちゃんの作るナスの油炒めが大の好物。
100歳のお祝い会を自分で企画して、会場や料理も手配して
お祝いの記念グッズまで作っていたのに、
それなのに100歳の誕生日の1週間前に亡くなってしまったことが描かれています。

楽しみに企画していたお祝い会が出来なかったことを、
親族そろって「じいちゃん、おっしい~!」
と笑って送り出した数日後におじいちゃんが自ら準備していた
「記念グッズ」の湯飲みが届いて笑いと切なさがこみ上げてきた様子が描かれています。

作者は1日1鶏(いちにちいちにわとり)さん

漫画を投稿した1日1鶏さんは、保育園で保育補助をしながら漫画家としても活動。
擬人化したニワトリを登場人物にして、ニワトリ漫画をツイッター投稿されています。

実はおばあちゃんの漫画が先だった!

「おばあちゃんの最高の旅立ち」という題名の漫画が投稿された後に
今回のおじいさんの漫画が投稿されました。

これは、「最初は『おばあちゃんの~』だけの予定だったのが、
アップした後に『おじいちゃんの話も面白いのに今日描かなくてどうするんだ』
と思っておじいさんのお話を描かれたそうです。

エピソードは 「すべて実話」

今回の漫画を描こうと思ったきっかけは

 「前々から描きたいな、と思っていたお話でした。9月は敬老の日も、お彼岸もあるので、良いタイミングだと思って描きました」

 ――エピソードは実話なのでしょうか

 「すべて実話です」

 ――おじいさんは、どのような方でしたか

 「細身で身長が高く、カラオケが好きで、私に野球や田舎の山や土地の話をたくさん話してくれました。最後までほとんど介護の必要も無く、大往生でした」

 ――思い出やエピソードを教えてください

 「おじいちゃんと方言で話をするのが好きでした。それが今でも染みついています。今回のマンガでは、おじいちゃんたちを思い出しながら、逢いたい気持ちを込めて描きました。見てくださった方に、そのあったかい気持ちが伝わったら嬉しいです」

2つ描いた訳は


 ――「おばあちゃんの最高の旅立ち」と対になっていますね

 「最初は『おばあちゃんの~』だけの予定だったのですが、アップした後に『おじいちゃんの話も面白いのに、今日描かなくてどうするんだ』と思って2人のお話を描きました」

 ――どんなおばあさんでしたか

 「小柄ながら、子どもを6人も育てたおばあちゃんでした。おばあちゃんの漬けた甘い梅干しときゅうりの浅漬けが大好きでした」

 ――ツイッターで話題になったことについては

 「とても驚きました。でも、たくさんの方におじいちゃん・おばあちゃんのお話を見ていただけて嬉しいです。ありがとうございます」

 ――1日1鶏さんの今後の活動予定は

 「今後もホッコリ、ニッコリ、としてもらえるような漫画をお届けしていきたいです!」

https://withnews.jp/より引用

出典 http://withnews.jp

短い漫画ですが、おじいさんの優しさと
親戚一同の「じいちゃんおっしい~!」という愛情いっぱいの見送り方が
何とも言えず温かい気持ちになり、
その後おじいちゃんプロデュースの記念品が届いたときに
きっと亡くなった悲しみが込み上げてきたのではないでしょうか。

天国でおばあちゃんの手料理を食べて
楽しく睦まじく過ごしていらっしゃる姿が目に浮かぶようでした。

こんな風に描いてもらえ、暖かく見送ってくれる家族親戚に囲まれて
おじいちゃんは本当に幸せだったと思います(感涙)

1

関連記事

ピックアップ!